規則 (The Rules)

(「うみねこのく頃に」というビジュアルノベルのスポイラーはちょっとあるんですけれど。)

「じゃ、規則。」

無地の木製の椅子に座ってる少女は身を乗り出して、腹のところで腕組みをしました。ニヤニヤ笑って魔女はゆったりに手まねで示しました。

「規則って」ともう一度言いました。「物語は魔女に見せられます。それで人間は物語の事について魔法ない説明を作り出してみます。」

魔女は高慢に顎を持ち上げて頷きました。

「人物の一人は刑事です」とちょっと嫌悪になる声で少女は続けました。「刑事が見る事は真実らしいけれども、解釈は正しいか正しくないか知りません。刑事は魔女じゃなくて、人間の犯人でも共犯でもありません。」少女はちょっと待ちました。「刑事のところで魔法はいけません。」

魔女は鼻を鳴らしても、もう黙りました。

「青き真実」とはっきり言いました。「青で語って出す仮説は人間の手です。それで魔女は仮説を刑事が真実な情報か赤き真実を使って否定します。赤き真実は絶対の真実です。つまり、魔女が赤き真実で語る何かは何でもの仮説に考慮されなければいけません。刑事の観察に否定しても。もちろん見た事にも前の赤き真実にも否定できません。」少女は魔女にまともに見ました。「魔女は仮説が問題あると見せられなければ、青き真実は本当で人間は勝ちます。」

「ハッ!」これで魔女は立ち上がってウロウロ歩き始めて、ニヤニヤ笑いがほくそ笑むにしました。「魔女は人間の弱いトリックより強い。魔女ほど説明できない赤き真実は本の真理ではない。」意外のロジックの反撃に自信がゆさばれた少女に対して眉をあげました。「例えば、ばらが空中に浮かせて、人間は「アンティ•グラビティー」の装置が説明と主張しては本当になんでも語らない。」もっとにこって笑いました。「魔法で動かないね?」

「じ…じゃ、そうですけど…」と少女は目を伏せて認めました。

「その上に、」魔女は急に立ち止まってくるっと回って語りました。「一つの出来事を魔法ないで説明するのは足りないよ。人間は全てのを説明しなければならない。できなくては魔女を否定することはない。我が否定されるのはない。目を瞑るのしかない。」

「はい、そうです。」と短い間の後で少女は言いました。つづけました。「『魔女はいる』や『魔法は実際』と赤き真実で語ればいけません。」

「それは助けない。」魔女は目を閉じたと少女が見ました。顔はまだニヤニヤ笑いじゃなくて物思いそうになりました。「魔女は実際にいっても青き真実に否定しないな。」そんな戦術を前に使ってみたことあるかしらと少女が思いました。

前に?

「よくできた、お嬢ちゃん。」魔女はまともに向かって、少女の考えを折って言いました。「でも、一つの大切な点を忘れた。」

「そうか?なんだろう?」言葉は好奇心だけで言わなくて自尊心で言いました。「じゃ、魔女が相手の人間の役割だろう…」と思いました。

でも少女のいやみは魔女の高慢に対してなんでもありません。クスクス笑って明らかにしました。「『魔女は仮説が問題あると見せられなければ、青き真実は本当で人間は勝ちます。』でも魔女が勝つルールは何?」

少女はびっくりしました。この大事の点は火で心に書いた規則が全然ありません。それで…やっぱりそれで…

「じゃ、気にしない。」魔女は笑って続けました。「始めよう。」


I’ll be taking Japanese classes again starting next week, so I thought I’d make up for not following my original plan for “The Rules” by at least translating it. As with my previous translations, however, this one ended up largely supplemented by the dictionary, though I did pull some terms directly from the transcript of “Umineko” itself.

This was fun to do but I don’t expect anyone to read it. A more useful exercise for me would probably be reviewing my old flash cards anyway.

blog comments powered by Disqus